模試形式でITパスポート過去問を解けるおすすめサイト

IT知識向上のために、ITパスポート試験の模試を無料で受けてみました。

IT資格試験に関する当面の方針

下記の記事で情報を集めて、受験するIT資格を決めるというアクションを設定しました。

結論として、情報処理技術者試験のレベルの低いものから順に過去問を解いていき、受験する試験を決めることにしました。

  1. 一番レベルの低い試験の過去問を解く
  2. 合格点が取れれば、次のレベルの試験に挑戦
  3. 合格点が取れなければ、腰を据えて勉強する

という流れで、自分に見合ったレベルを見極めようという目論見です。

情報処理技術者試験に絞ったのは、

  • 国家試験であること
  • 初級から上級までレベルが網羅されている
  • 受験者数が多く、IT資格としての認知度・権威が高い

という理由があります。

いきなり最難関のITストラテジストに挑戦するという選択肢もありますが、低いレベルから始める方が自分の知識レベルを順当に確認でき、勉強も順を追ってできると考えたからです。

ITパスポートの過去問を無料で解けるサイト

まずはレベル1のITパスポートです。

下記のサイトで本番と模試形式で過去問に挑戦できました。

実際の過去問からランダムで、本番と同様100問を120分以内、という条件で解いてみました。

このサイトではアカウントを作成することで、いろいろな学習機能が使えるようですが、アカウントなしでも模試形式に挑戦することができます。

模試形式で解いてみた結果

今回挑戦した結果がこちらです。

無料かつアカウントなしで、こんな試験結果が出るので、なかなかお得なサイトです。

回答時間1時間で正解率69%でした。

ITパスポートの合格基準は以下の2つを同時に満たす必要があります。

  1. 3つの分野(ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系)でそれぞれ300点以上
  2. 総合で600点(正答率約60%)以上

正確な採点方法がわからないのですが、総合で正答率69%、3つの分野でも概ね60%は取れているので合格点は取れると見なすことにしました。

ネクストアクション:情報セキュリティマネジメント試験の過去問

ITパスポートはクリアということで、次のレベルの試験です。

レベル2の試験には

  • 情報セキュリティマネジメント試験
  • 基本情報技術者試験

の2つがあります。

同じレベルでも情報セキュリティマネジメント試験の方が、難易度は低いようです。

ですので、自分のレベルの確認という点からも、情報セキュリティマネジメント試験の過去問を解いてみます。

アクション

情報セキュリティマネジメント試験の過去問を模試形式で解く

タイトルとURLをコピーしました